呪い仕掛けな女神たち 用語集

呪い仕掛けな女神たちの物語に登場する用語、キーワードの解説をご覧ください。(あいうえお順)

アクガリ【?】
母国がヴァーサー・クーラーに滅ぼされ、主人公の住む世界に逃げてきた騎士。ヴァーサー・クーラーのフィシス理論に論破され滅亡した母国ソゥスィンランドゥの秩序を復活させるため、ビグニティ国に来たらしい。フィシス理論を敵にしている一方で、愛の章には共感し参考にしている。ビグニティ国や主人公にライバル意識を持つが、マリアたちとは仲が良く学園を守ることに協力する。
オーウェイ!サーヴェイ!
フィシス兇徒が何かに対して奮起するさいの掛け声のようなもの。
ガルナビ【?】
主人公の部下の魔族。ヴァーサー卿の手下を名乗り、いつでも学園に小さな混乱を起こそうと企んでいる。
金城コミン【?】
ヴァーサー・クーラーの学園での姿。生徒会長。
サリスマリス【?】
主人公の部下の魔族。姿を消して学園の警備を行う。ツメを使って相手を攻撃する。
【随時更新中】

Copyright © 呪い仕掛けな女神たち 2019.